インパクトのある自己PRが話せま...|就活QA|DODA新卒エージェント

就活相談Q&A 【面接・GD・筆記】

2018.02.09

インパクトのある自己PRが話せません

「インパクトのある自己PRが話せない場合は、どうしたら良いですか?」

洪 アドバイザー

「すごいエピソード」ではなくても、「あなたの働く姿がイメージできるエピソード」であれば大丈夫です!

そもそも自己PRとは、
「自社にフィットする人か」を見るために質問するもの。

「すごいエピソード自慢」ではなく、
「あなたの働く姿がイメージできるエピソード」であれば良いのです。

さっそく、あなたがこれまで経験してきたことを思い返してみてください。

そのとき、どんなことを意識していましたか?
周りからはどんなふうに言われましたか?

些細な内容でも構いません。

たとえば、

「人の気持ちを考えて行動できる力があり、
アルバイトでもお客様の気持ちを先読みしてサービスしていました」

でも良いのです。

「この人は、社会人になっても
相手の気持ちを考えて行動するんだろうな」と

働く姿が思い浮かびますよね。

ぜひ、難しく考えすぎずに、
「自分なりの行動が伝えられるもの」を探してみてください。

就職についてプロに相談したい方はぜひご登録ください!

新規会員登録(サービス無料)はこちら

PAGE
TOP


ベネッセi-キャリアはプライバシーマークを取得しています。