応募企業が全滅してしまったとき、...|就活QA|DODA新卒エージェント

就活相談Q&A 【自己分析・企業研究】

2018.05.31

応募企業が全滅してしまったとき、何を見直せばよいですか。

「数十社に応募してもほとんど落ちてしまい、本当に内定が出るか不安です。『やり方を変えなければ』とは思うのですが、どうしたらよいかわかりません。まず何から始めればよいのでしょうか。」

鮫島 アドバイザー

適性がないと、好きな気持ちを伝えても届かない!

持ち駒が減っていくと、「本当に就職できるのだろうか・・・」と不安になりますよね。

実は、見直すだけで選考通過率が上がる、ひとつの「ポイント」があるのです。


それは、「自分に適性のある企業を受けているか」ということです。


就職活動は、よく恋愛に例えられます。

想いを叶えるために最初にすべきことは、自分がいかに相手を好きかと伝えることではありません。
まず、相手から「この人は自分に合いそうだ」と思ってもらうことが大事です。

これは、就職活動も一緒。

企業を好きな気持ちをいくら伝えても、「自社に適性がある」と思われない限り、両想いにならないのです。

「御社の○○が好き」という企業選びは要注意

一方、多くの就活生は、「自分がこの企業が好き」という視点から企業を探しがちです。

「御社の社風が好き」「商品が好き」「御社なら自分のやりたい仕事ができる」という言葉ばかり使っていませんか?

そもそも相手の「求めるタイプ」に当てはまっていなければ、受け入れてもらえませんよね。

でも、「自分に適性がありそう」という視点で応募先を選ぶと、企業からオファーをもらえるようになります。

ときには、「あなたが振り向いてくれるまで待つ」と言われることさえあるのです。

「自分の一方的な気持ちで企業選びをしていないか?」

ぜひ一度、振り返ってみてくださいね。

就職についてプロに相談したい方はぜひご登録ください!

新規会員登録(サービス無料)はこちら

PAGE
TOP


ベネッセi-キャリアはプライバシーマークを取得しています。