第一志望に落ちたショックから立ち...|就活QA|DODA新卒エージェント

就活相談Q&A 【面接・GD・筆記】

2018.06.18

第一志望に落ちたショックから立ち直る方法

「第一志望だった会社の最終面接に落とされてしまい、就活へのやる気がなくなってしまいました。"もう自分を受け入れてくれる会社なんてないんじゃないか"とまで思ってしまいます。どうやったら立ち直れるでしょうか。」

布施 アドバイザー

「最終面接に落ちて立ち直れなくなる人」は多いもの

最終面接にまで進むと、「この会社で働く自分」をリアルに想像したりしてしまうもの。

その分だけ、道が閉ざされたショックは大きいですよね。

「早く活動をやり直さないと」と頭ではわかっているけれど、なかなか気持ちがついていかない・・・という人も多いです。

動けない自分をあまり責めすぎないでくださいね。

そんなときには、少しだけ考え方を変えてみることをお勧めします。

この会社に入れなくても幸せになれる!

とても入りたかった会社がお見送りになってしまうと、「人生が終わった」ように感じられるかもしれません。

でも、会社は、あくまでも「人生の通過点」。

「その会社に入れなかったから、人生終わり」ということはないのです。

就職活動では、どうしても目の前の会社を調べることに目がいきますが、少し視点を広げて考えてみてください。

そもそも、自分がやりたいことは何だったのでしょうか?

自分が送りたい人生はどんなものだったのでしょうか?

この視点で考えると、「特定の会社」に入らないとどうしても実現できないことは、多くないと気付くでしょう。

ぜひもう一度、自分が大切にしていたことを思い出してみてください。

別の会社でも、あなたが幸せになれる場所は必ずあります。

自分が本当に活躍できる場所は、他にある!

「面接でお見送りになる」ということは、会社から「この人はウチの会社では活躍できない」と思われている可能性が高いです。

では、そんな判断をされた会社に入社できていたとしても、あなたは幸せになっていたでしょうか。

仕事の内容、会社の雰囲気など、何かしらで居心地の悪さを感じてしまうと思います。

実は、最終面接に落ちたことをきっかけに自分を見つめ直し、「よく考えたら自分に合っていない会社だった」と気付く人もとても多いものです。

入社してから気付いて後悔するより、今しっかりと「自分に合う会社」を見つけた方が良いですよね。

そのように気持ちを切り替えて、本当にあなたを求めている会社を探しましょう。

以上です。

就職についてプロに相談したい方はぜひご登録ください!

新規会員登録(サービス無料)はこちら

PAGE
TOP


ベネッセi-キャリアはプライバシーマークを取得しています。