留年した理由をどう説明すればよい...|就活QA|DODA新卒エージェント

就活相談Q&A 【面接・GD・筆記】

2018.08.20

留年した理由をどう説明すればよいですか?

単位不足で留年をしているのですが、面接で理由を聞かれたときの答え方に困っています。

あまり授業に行っていなかったことが理由なのですが、正直に答えてしまうと印象が悪くなるのではと不安です。

どのように答えればよいでしょうか。

小西 アドバイザー

「授業に行かなかった理由」から、「あなたの人柄」を伝えてみましょう!

「留年を受け入れるか」は、企業によって判断が分かれるものです。

でも、「あなたの人柄」を評価してもらえれば、理解を示してもらえるケースもあります。

 

授業に行かなかった背景には、「アルバイトに精を出してしまった」「授業に興味がもてなかった」など、人それぞれの理由がありますよね。

 

さらに、その理由の中には、「人手が足りない店を助けたいと思ったから」「本当は別にやりたいことがあったから」など、「あなたの人柄」が表れているものです。

受け入れてもらえる可能性を高めるためには、まず「あなたの人柄」を添えてみてください。

 

 

「反省」と「改善策」を伝えて、問題なく働けることをアピール!

さらに、理由と一緒に「そのときの行動を反省している」と伝えることも大事です。

 

「学生の本分である学業を疎かにした」ということから、仕事でも「やるべきことから逃げてしまわないか」と心配されてしまいます。

当時の自分を振り返り、「どうすれば留年しなかったのか」を考えておきましょう。

 

また、企業から安心してもらえるよう、「今後どのように行動を変えていくか」も伝えるようにしてください。

具体的に、「留年した次の年には、落とした単位を全て取得した」など、行動を改善した結果があれば尚よいですね。

就職についてプロに相談したい方はぜひご登録ください!

新規会員登録(サービス無料)はこちら

PAGE
TOP


ベネッセi-キャリアはプライバシーマークを取得しています。