新卒で大手企業に入社しないと、将...|就活QA|DODA新卒エージェント

就活相談Q&A 【その他】

2018.09.03

新卒で大手企業に入社しないと、将来転職をするときに不利になりますか?

「エントリーした大手企業が全滅してしまったので、中小企業も視野に入れはじめています。

でも、一社目が中小企業だと、将来転職することになったときに不利になるのではと不安です。

選択肢を増やしたいなら、もう一年就活してでも大手企業を目指すべきでしょうか。」

中崎 アドバイザー

「大手企業に入社した方が選択肢が広がる」と言われる理由

「大手から中小には転職しやすいけど、逆は難しい。だから新卒では大手に入っておいた方がよい。」

 

一般的にこう言われることが多い理由は、「大手企業出身というと信頼が得られやすいから」です。

大手企業の新卒採用の内定倍率は、数百倍~数千倍。

「大手企業出身」はこの難関を潜り抜けているため、それだけで「優秀なのではないか」と期待してもらいやすいのです。

 

そのため、転職活動時の書類選考でも、優先的に選考してもらえる可能性があります。

 

でも、必ずしも「大手に入ればその後どこでも働ける」というわけではありませんので、注意してください。

 

 

転職活動で大手企業出身が「デメリット」になるケース

転職活動は「即戦力」を採用するので、面接では「仕事でどんなスキルを得てきたか」を詳しく確認されます。

 

しかし、大手企業では、組織が縦割りで仕事が細分化されがち。

そのため、一部の専門的な仕事の経験しかなく、即戦力とみなされないケースがあるのです。

 

また、従業員が多い企業ほど、昇格・昇進が遅くなるもの。

同期と比較して伸び悩んでいた人の場合、「年齢に対してスキルが物足りない」と思われてしまうこともあります。

 

そうなると、いくら会社の名前で信頼されたとしても、面接で評価されません。

大手企業に入ったとしても、ネームバリューに安住することなく「個人」として成果を出さなければ意味がないのです。

 

 

「自分が成果を出しやすい環境」はどこなのか?

一方で、中小企業は大手企業よりも早く仕事を任されたり、一人で幅広い仕事を経験できたりする可能性があります。

こういった人が即戦力として評価され、中小企業から大手企業に転職する例も少なくありません。

 

結局、将来の選択肢を増やすには、「必要とされるスキル」を自分が身に付けられるかどうか次第。

そのため、「どの規模の会社に入れば安心」ということではなく、自分が「どのような環境なら成果を出せるのか」を考えて場所を選ぶことをお勧めします。

就職についてプロに相談したい方はぜひご登録ください!

新規会員登録(サービス無料)はこちら

PAGE
TOP


ベネッセi-キャリアはプライバシーマークを取得しています。