内定承諾書提出後の内定辞退について|就活QA|DODA新卒エージェント

就活相談Q&A 【その他】

2018.12.10

内定承諾書提出後の内定辞退について

「内定をいただいたのですが、まだ選考中の企業があります。企業から内定承諾書の提出を求められていますが、提出後、辞退することは可能でしょうか?」

布施 アドバイザー

まずは提出期限の延長を相談してみましょう。

内定は「内定承諾書(内定をもらったことに対して、この会社に入社しますという返事)」を出さなければ自然に消滅します。すぐに提出するケースよりも、「○月○日までに提出のこと」と、提出期限が指定されているのが一般的です。もし選考中の企業の選考結果が提出期限に間に合わないようであれば、期限の延長を相談してみてはどうでしょうか。就活スケジュール中盤頃であれば、延長してくれる企業もあるでしょう。

内定辞退は慎重に。

新卒採用の内定は、卒業することを条件に4月1日から働き始めるという労働契約を前提にしています。この契約には法的拘束力はありませんので、内定承諾書提出後に内定を辞退することは不可能ではありません。ただし、内定辞退を考える場合は今一度、内定先に入社する意思が本当にないのかを改めて自問自答し、よく考えるようにしましょう。じっくり考えても辞退の決意が固いなら、企業側にも新入社員入社に向けてさまざまな準備が必要になりますので、すぐに連絡するようにしてください。

内定辞退する場合、まずは電話で企業に内定を辞退する旨を伝え、その後直接お詫びに行くのがマナーです。ただ相手の都合もありますので、あくまでも企業の指示に従うようにしましょう。

就職についてプロに相談したい方はぜひご登録ください!

新規会員登録(サービス無料)はこちら

PAGE
TOP


ベネッセi-キャリアはプライバシーマークを取得しています。